FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマーク、使いませんか?

WEBサクセスの蝦名です。

I&Dの法則はお休みして、
今日はソーシャルブックマークのお話です。

ソーシャルブックマークとは...

wikipediaで調べると、下記のように説明されています。

インターネット上のサービスの一つで、
オンラインブックマークサービスの発展形。

自分のブックマークをネット上に公開し、
不特定多数の人間と共有する事で、
これらを有益な情報源とすることができる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF


このブログにもついています。

「FC2ブックマーク」
これはFC2が提供しているブックマークサービスです。

また、各エントリーの最後に表示されているボタン
はてなブックマークへ


は、はてなブックマークへのリンクです。

ソーシャルブックマークはずいぶん前から存在していましたが、
やっと最近になって、広まってきたという感じがします。

ブックマークに登録されると、より多くの方に読んでもらえる
可能性が高まりますよ。

ぜひ、お試しください。
スポンサーサイト

必ず役立つ! ビジネス情報 オープン

WEBサクセスが提供する、
必ず役立つ!ビジネス情報」ホームページがオープン!

各分野でご活躍される専門家の方々に、
知っていてそんはない情報を執筆していただくコーナーです。

現在、記事は一本しかありませんが、
現在、2名の方に執筆していただいています。

徐々に記事を増やしていきますので、
楽しみにしていてくださいね。

そして、記事を書きたいと思ったあなた!
ぜひ、寄稿してくださいませ。

■必ず役立つ!ビジネス情報
http://biz.websuccess.jp/



というわけで、
みなさま、こんにちは。
WEBサクセス ホームページ担当の白藤です。

先日の出張は、原稿執筆依頼のためでした。

メールや電話で依頼もできるかもしれませんが、
信頼関係を築くには、直接お会いするのが一番だと
思います。

"これだ!" と響いた事柄に対しては、
躊躇なく行動できる力。

お仕事でも、日常生活でも大切だと思います。

そのためには、自分の直感や感覚を深く信頼すること。
他人の感覚ではなく、自分の感覚を信頼することが
必要です。

さて、営業担当の岸から、
こんな話をいただいたと言われて、

迷いなく
「東京に行って、話を聞いてきます。」
と即決した私。

単に、飛行機に乗りたかったのかもしれません(^^ゞ。

いえ、

素敵な方々にお会いでき、
「必ず役立つ!ビジネス情報」関連のほか、
Web活用塾のヒントまでいただいて帰ってきました。

行動してみるものだなぁと、
つくづく思ったのでした。

営業テクニック

WEBサクセス 営業の岸です。

先週末、東京へ出張した際に「WEBサクセス」のPRを含め、数社に営業を行ってきました。

出来立てホヤホヤのパンフレットと名刺を提示し、
WEBサクセス」でホームページを製作させていただくことのメリットを語ってきました。

当面は東京で営業活動を行う予定がないので、営業するのもどうかなぁ…と考えたんですが、黙ってることができず
また、熱く語ってしまいました…

そこで気付いた点

まず、数あるホームページ製作業者と「WEBサクセス」は何が違って、どのようなメリットがあるのか?
このことを、まずお話しします。
(これを語ってると、熱くなっちゃうんですよ…)

基本的に対面営業ばかりではないので、営業マンの代わりに「WEBサクセス」のホームページがあるのだと。
これを見本に御社のホームページを御社のトップセールスにするのだと。

そのためには、ホームページが一つのメディアとして成熟している必要があり、その為には「売りたいもの」を熱く語る「読み物」じゃなければならないと。

それらをご理解いただくために「セミナー」等もたくさん行うのだと。

ご理解いただければ、お手伝いさせていただき「成功」に繋がるための仕事を我々はさせていただきます!

集客できるホームページに不可欠な、I&Dの法則とは?(2)

こんにちは、WEBサクセスの蝦名です。
説得力を高めるには、どうすればよいか、という話です。

●説得力の3大要素とは?

ここに説得力を構成する3大要素を挙げてみます。

説得力

月刊「リーダーシップ」No.562より引用 (社団法人日本監督士協会発行)

説得に必要な3大要素は

A.説明力

B.信用

C.共感
とされています。

それでは、ホームページの場合、この3大要素はどのように実現できるでしょうか。
1つずつ考えてみましょう。

A.説明力

対面営業ならば、実際にお客さんの表情を見ながら、説明することができます。
しかし、ホームページの場合、読み手の顔色はわかりません。

そのため、読み手が必要な情報を、適切な形で発信する必要があります。

最初に、読み手(お客さん)がどんな情報を求めているのか、この部分を明確にする必要があります。

もちろん、いくらお客さんの分析を正しく行ったとしても、
情報不足では理解してもらえません。

また、わかりにくい説明では、読んでもらえません。

わかってもらえるだけの情報量を、わかりやすく提供すること。この心がけが大切になってきます。

▼今回のPoint!----------

・情報を、わかりやすく提供する。

・求められている情報を提供する。

・納得してもらうだけの情報量が必要。

ホームページの悩み

みなさま、こんにちは。
WEBサクセスホームページ担当の白藤です。

わたし、悩んでいるんです

コンバージョンを上げるには、どうしたらいいのでしょう。(;_;)

コンバージョンとは、

ホームページを訪問した読者が、
資料請求をしたり、サービスを購入するなど、
具体的な行動を起こすことを指します。

つまり、
私はいま、WEBサクセスのホームページからの
お問い合わせを増やすにはどうしたらよいか、
考え中なのです。

WEBサクセスのホームページを公開して2週間。
http://www.websuccess.jp/

第一回目の振り返りの時期なのです。
しばし、
アクセス解析のリストと、ページを眺めて考察。

お問い合わせに関しては、
バナー「クリックしたいなぁ」と感じるデザインに
変更しようと思っています。

バナーのサイズも小さく、ちょっと遠慮がち。
思わずクリックしたくなる目立つものにします。

お問い合わせのテキストリンクを、
ページ上部に追加してみましょうか。

紺屋の白袴で、
コンテンツを更新していないのも
アクセス数に影響しております。

その分、ブログでがんばっているのですが、
本体ホームページに、ブログの更新情報を
掲載するようにしたほうがよさそうです。

謙虚に反省中 (ーー;)

事業統括マネージャからチェックが入る前に、
とっとと直してしまいましょう。

「Movable Type導入奮戦記」 その一

WEBサクセス@営業の岸です。

只今、Movable Type(MT)のお勉強中です。

なんのMT?
それは…

自分の会社のホームページの(エヘ)
(印刷会社の社長やってまして)

今まで、
「お客様のホームページ製作に忙しくて、自社のホームページなんて作ってる暇はない!」
と、言い訳していましたが…
そんな言い訳、白藤&蝦名に通じるわけもなく…

代表取締役に就任したことだし…
一念発起!
やるからには、「I&D(Information & Drama-情報と感動)!」
そして、MT化!
自分で経験しないで、どうやってお客様にお薦めするんだ!
と、息巻いたのはいいけれど…

まずは、「取材」。
自分で自分を取材します。
これは、自分(自社)を客観的に分析する、いい機会にもなります。
お客様へは、「ヒアリングシート」というものを使って行っています。
この場合は、自分で「ヒアリングシート」を書きます。

そして、「企画」。
この2つが最も核になり、ここを間違えるとカッコいいデザインをしてもいいホームページになりません。
まさに「I&D」の肝!
どんな「検索キーワード」や「フレーズ」でアクセスされたいかも、ここにかかってきます。
「このホームページで何をしたいのか?」
「何を全面的に打ち出したいのか?」

でもって、「設計」
サイトの「構造図を作ります。
ここらへんから、プロ中のプロのお仕事。

あとは、「デザイン」、「写真撮影」、「コーディング」等々…

現在は、どこまで進んでるかというと…

自分自身を取材してま~す!
先は長い…(でも急ぐ)

こんなオヤジでも、やればできる!
皆さまのご参考になれますように…

続く

集客できるホームページに不可欠な、I&Dの法則とは?

こんにちは、WEBサクセスの蝦名です。

今日は午前中から
サーバーの手配に、ブログツール「MovableType」のライセンス手配、
そして、見積作成...
諸手続きばかりの一日です。

こういう日ってありますよね...




さて、集客できるホームページを提供するWEBサクセスでは、

I&Dという考え方を提唱しています。

▼Iとは...

お客様の役に立つ「情報 = Information」


▼Dとは...

お客様に共感していただくための「感動 = Drama」

です。




「どうして情報とドラマが必要なの?」

と思われる方も多いでしょう。

「大体ドラマって何」???


ここではその考え方について、ご説明していきますね。




●読み手に行動を起こさせるには、説得力が必要。

お客様にホームページを読んでいただき、

「問い合わせをしていただく」あるいは「商品を購入していただく」。

それがホームページの目的の場合、

ホームページの内容から、

お客様に納得していただき、

行動していただく必要があります。


人を動かすために必要なのもの、それは「説得力」です。


例えば、ホームページで販売している商品が
「環境にやさしい冷蔵庫」だったとしましょう。

ホームページを読んだお客さんが、
「確かに環境にいい商品だね」と納得したとしても、
そこから「購入」という行動に結びつかなければ、
ホームページとしては成功とはいえないのです。

それでは、人を動かすための説得力を持たせるには、

何が必要なのでしょう?

この話は次回へ続きます!



ただ今ランキング2位です!
1位に上がったかな???
↓↓↓ランキングボタンをクリック!

最適化は検索エンジンではなく、ホームページへ

みなさん、こんにちは。
WEBサクセスで、
ホームページ制作を担当している白藤です。

私はSEO対策(検索エンジン対策)で、
どうしても好きになれない考え方がありました。

それは、何が何でも順位にこだわること。
検索エンジンの上位に入ることにこだわって、
テクニックを駆使する姿勢です。

どこか違うのでは、ないかと思うのです。

「そんなに順位が大事だろうか...」と。

確かに、扱うものによっては、
上位3位以内に入っていないと、モノが売れないとか、
順位が落ちたら売り上げが落ちたということがあります。

その場合は、検索エンジンの上位にランクインすることが
とても重要です。

それは、わかる...

けれども、
1位のサイトが、必ず売り上げ1位とは限らないのです。

検索エンジンにむけて対策をしても十分ではありません。

なぜなら、検索エンジンは、物を買ってくれたり、
資料を請求したりしませんよね。

物を買ったり、資料を請求するのは、
ホームページを訪れる読者です。

ですので、人間にとって、
ホームページが、わかりやすく、
使いやすくなければ、
売り上げアップは見込めないのです。

「うちのサイトは検索エンジン対策がばっちりです。」

と伺って、サイトを拝見させていただいたら、
相互リンクばかりということもありました。

相互リンクで順位を上げても、
訪問された方には、役に立たないページになる
可能性が大きいのです。

大切なのは、検索エンジンを中心に考えるのではなく、

自分のホームページや、
ホームページを利用していただくお客様を中心に
考えることだと思います。

出張してきました!

WEBサクセスの岸です。

昨日、白藤と千葉へ出張に行ってきました。
千葉県柏市と鎌ヶ谷市です。

WEBサクセスのホームページ内に作る「読み物サイト(仮称)」の執筆依頼をお二人の方に行ってきました。
お二人とも快諾していただき、まずは出張成功!
このようにWEBサクセスのホームページが、より充実して皆さまのお役にたてる情報源になるよう頑張ります!

ところで、千葉ではもうお花見シーズンが終わり、桜が散り始めているそうです。
札幌は今朝から雪…。
やっと、春らしくなってきたのに…。

3秒ルールって知っていますか?

こんにちは、WEBサクセスの蝦名です。

私たちの拠点である札幌も、少しずつ春らしくなってきました。

とはいえ、今朝も雪がちらついていましたが…


さて、皆様、3秒ルールってご存知ですか?

「落としたものでも、3秒以内なら食べられる!」

それも3秒ルールですが...

「ホームページの読者の多くは、

 クリックして訪れたページで、

 3秒以内に必要な情報を見つけられないと、

 ほかのページに移動してしまう」


というのがインターネット上の3秒ルールです。

もしも、あなたの経営するネットショップのトップページが、
Flashムービーしかない状態だったら...

この3秒ルールを思い出してくださいね。

重要な情報は、画面上部の目立つ位置に配置する

などの工夫が必要ですし、

商品を買いに来ているお客さんには、

商品を一刻も早く見つけてもらえる工夫

をしましょうね!

------------------------------------------------

ちなみに、ビジネス文書でも、この3秒ルールに似たような原則が
あるんですよ。

上司が部下から提出された文書を判断する時間

30秒という説があります。

でも、「私は5秒で判断します。」という方もいらっしゃいました。

何かと皆さん忙しい世の中です。

3秒勝負に勝てるホームページを作るなら、

WEBサクセスへどうぞ!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!? 検索エンジン

みなさま、こんにちは。WEBサクセスの白藤です。

新しいホームページが、検索エンジンの検索結果に
表示されるようになるには、だいたい3週間~4週間は
かかります。

それまでの辛抱ですね。

そんな話をしていたのが、
WEBサクセスのホームページを公開した翌日の4月3日。

わかっているけれど、
「WEBサクセス」と検索しては、どこにも表示されず、
がっくり。

「ホームページ制作 札幌」などと検索しては、
またため息。

せめて、社名だけでも検索されるように
なりたいなぁ ...

そうして、
 ・「一発太郎」で検索サイトに登録
 ・sitemaps0.90に従って、xmlファイルを作って
  Googleサイトマップに登録
  (Yahooもやります。)
 ・ミクシィのプロフィールにリンクを作る
 ・リスティング広告へ出稿

など、暇をみつけては何かしら、対策を施しました。

そうしたら...

今週 「WEBサクセス」で検索すると、

Yahoo!もGoogleも

二位にランクイン。

(^_^)v

「ホームページ 業者 札幌」
「Movable Type 札幌」

などでも、上がってきました。

検索結果の上位15位以内に入らないと、
存在価値がないとも言われているホームページ。

存在価値があるように、がんばります。

ですが、あまり数字を追いかけると本質を見失うのですよね。

私たちのミッションは、
検索結果の競争に勝つことではなく、

真に商売に役立つホームページを
世に生み出し、

お金だけかかる役に立たないホームページを
撲滅することだから。

営業報告

岸です。

先日、ある会社様にホームページ製作の営業に行ってきました。
そちらは、コンサルティングをされている企業で得意先である会社に
「ホームページを使った集客のコンサルティングを行いたい」
という案件でした。

コンサルティングをされているので、もちろんセミナー等をたくさん主催されており、その中にも「インターネットを使ったビジネス」系のセミナーも行いたいとのこと。
タイアップのお話しをいただき、成果は上々すぎるくらいでした。

お話しの中で、アクセス数を上げるコツとは何かというご質問を受け、たくさんのお話しをしましたが「WEBサクセス」のホームページに書かれていることをメインにお話ししました。
その中でも特に熱くご説明したのは、検索上位に上げる「SEO対策」です。

では、検索上位になるためには具体的にどのような方法をとるのか?
というご質問に対し、色々とお話ししましたが「更新頻度を高めること」と「たくさんのリンクを貼る」ということをご説明しました。
お客様は、「でも、そんなに更新する内容がある得意先ばかりじゃないんだよなぁ」とおっしゃったので、「なんでもいいんです!極端に言えば、社長様の趣味だとか日記など仕事に関係ないと思われることでもいいんです!」とご説明しました。

また、「仕事が忙しくて更新する暇がないケースはどうするの?」ともご質問されたので、「例えば、美容院や歯医者さんなど予約を伴うお客様であれば、ホームページで予約管理を行う仕組みを作れば更新しなくてもアクセス数も増えるし、お客様とのコミュニケーションもはかれます。」とお答えしました。

この商談は、具体的なホームページ製作の案件ではありませんでしたが、とても自分にとって勉強になる折衝でした。

営業と、デザイナーと。

こんにちは。WEBサクセスの蝦名です。

さて、ホームページ制作には、実はいろいろな工程があります。

・営業
・取材
・企画、設計
・デザイン
・HTML化
・プログラム開発
・イラスト制作、写真撮影・加工
・チェック
・公開
・メンテナンス

これだけある中で、その成功の鍵を握るのは、
どの部分だと思われますか?

答えは...

営業と取材、企画の工程です。

ここを間違えると、どんなに頑張ってデザイン・開発をしても
よいものにはなりません。

※余談ですが、実は文章を書くのも同じです。
 分析、企画が大切。つまり、書く前に勝負はついているのです。

-----------------------------------
制作前の工程が大事だからこそ、ホームページの営業は
あらゆる面においてスペシャリストである必要があると
私は考えています。

・インターネットでの集客術
・ホームページはどうあるべきかの思想
・インターネットの技術

そして、

・お客様の思いを自分の思いと同化させる力
・客観的にお客様の考えを分析して、アドバイスする力
・お客様の思いを、企画として具象化する力
・具象化した企画を、制作スタッフに伝える力

------------------------------------------

これだけの力がホームページ営業には必要だなあと
思いながらも、
現実には悩みは尽きません。

ですが、とにかく、
お客様の声をきちんと聞くことを
心がけています。

ですので、
制作前のインタビューが、いつも長くなりがちですが
ご容赦くださいませ

ホームページ作りのお手伝い いろいろ

みなさん、こんにちは。WEBサクセスの白藤です。

今日の札幌は、お天気のよい札幌でした。
こんな日は、外でのんびりお散歩が気持ち
いいだろうなぁと思いつつ、
ホームページのメンテナンス作業をしていました。

ホームページ作りは、いきなりデザインをする
のではありません。

作業にはいろいろな工程があります。

(1)お客様に取材

 一番重要な作業だと思います。
 
 ポイントは

 ・ホームページで何をしてみたいのか。
 (会社案内、製品紹介、物販など、見せ方はいろいろあります)

 ・どんな読者(見込み顧客)に読んでもらいたいのか。

 ・会社や製品の強みは何か、弱みは何か。

 ・ここだけには負けたくないと思う、競合他社はあるか。

 ・好きな色は? 会社のテーマカラーは何か。
  色はメッセージを持っているので、慎重に選んだほうが
  よいです。

 お話をさせていただくうちに、
 お客様の本音がぽろっと、でることがあります。
 この部分を聞き逃さないのが、コツ。
 
 本音がでる瞬間。それは、その方の本当の想いがでる瞬間。

 感動の瞬間でもあり、私は聞くのが大好きです。

(2)調査・準備

 取材の情報を整理し、自分達なりに情報を分析します。
 その際、お客様の業界のことも調べます。
 
(3)設計

 私の場合は、この段階でメニューやリンク構造図を描いて
 サイトのイメージを固めます。
 手書きで、ホームページのラフ案を書きます。

 サイトの企画案もまとめます。

(4)デザイン / コンテンツ執筆

 デザイナーにデザインを発注します。
 ホームページのメインの作業ですね。

 執筆まで請け負っている場合は、デザインと平行して
 文章を書きます。

(5)サイト構築

 実際にホームページを作ります。
 具体的には、HTMLのタグを入れていきます。
 MovableTypeでカスタマイズするときは、さらに
 MovableTypeのタグも入れます。
 
そうして、何回か校正をお願いして、
サイトが公開になります。

その後、検索エンジンで上位に検索されるように、
リスティング広告の手配をしたり、

アクセスログの状況を解析したり...

ホームページは公開後が本番の始まりということもあり、
ブログの記事を書くお手伝いもします。

更新情報がFAXで送られてきて、それをホームページに
収録したり。
 
ときどき、お客様の会社で作業をすることもあります。
自分たちの業界とは、また別の角度から
ホームページを捉えることができて、勉強になります。

そして、たまにこうしておやつをいただくこともあり...
(*^_^*)

my sweets


それが楽しみだったりして(^_^;)

ホームページ営業のテクニック

統括責任者の岸です。

ホームページの営業を行う際に一番大切なこと…それは、
お客様の熱意を引き出すこと」です。

ホームページ営業の場合、ただ単に指定されたHTMLファイルを作成するだけでなく、検索が上位にあがってきたり、アクセス数を伸ばしていき、そのホームページが有益な情報の発信源であることが重要になります。

熱意を持っておられなければ更新が面倒になり、アクセス数が伸びなかったり、思った効果が出なければ、やる気も失せてしまいます。

でも、「社長はやる気満々だけど、実務担当の方が冷めていたり」その逆もあります。
そこで、熱意(やる気)を引き出すために様々なアドバイスを行います。

頻繁に更新できる仕掛け作りや情報発信のテクニックなどを行い、お客様がホームページを使って伝えたいことを一緒に考え、より多くの情報を発信できる「かかすことのできないメディア」に仕上げていきます。

インターネット上にあるHTMLファイル」から「インターネット上にある御社にとってかかすことのできないメディア」へ
WEBサクセスの営業部隊が、そのお手伝いをいたします。

ホームページは自作した方がよい?

こんにちは!蝦名です。
「ホームページ集客力向上委員会」どうぞよろしくお願いいたします。

さて、

ホームページは自作した方がよい?

というご質問をいただくことがあります。

私の回答は

YES

であり

NO

です。

ホームページビルダーを購入して、作りたい!

という方、

私は止めはしますが(笑)、

作りたいものがはっきりしていて、
文章を書いたり、デザインするのがお好きな方であれば、
なかなかのものが出来上がる場合もあります!

でも、
とにかく時間はかかります。
ホームページは面倒です。
それにデザイン力もかなり問われます。

せっかくすばらしい商品を扱っているのに、
デザインが悪くて商品力に悪影響を及ぼしたり、
Yahooで検索されなかったりでは、
あまり意味がないかもしれません。

やはり、
導線設計、デザイン、SEO対策、立ち上げ等は
業者におまかせされる方がよいかと思います

それでは、自作すべき部分はどこか?

それは
情報発信の部分です。

ご自分でホームページを管理して、
タイムリーに、戦略的に、情報をリリースする方が
効率的なことが多いと思っています。

そんな方にお勧めなのが、ビジネスブログです。

デザインやSEO対策はプロが行います。
その内容を維持したまま、お好きなときに情報発信できる
かなりの確率で、ホームページビルダーで自作されるよりは
費用対効果の高いものになると信じております。

新規ホームページを公開したら

みなさま、はじめまして。
「WEBサクセス」で、
ホームページの企画・制作を担当している白藤です。

昨晩、ホームページ集客力向上委員会「WEBサクセス」の
ホームページを公開しました。

念願だった、ホームページが出来上がりほっと一息。

でも、これだけで満足していてはいけません。

WEBサクセスのホームページは、新しいドメイン名で新規に
立ち上げたホームページなので、
インターネット上で、まったく認知されておりません。

まだ検索エンジンで検索されない、ひよっこホームページです。

ここから、いかに認知度をあげていくか、
私たちの腕の見せ所、真価の問われるところです。

ですから、スタッフはホームページ公開直後から、
認知度を上げるための策に走ります。

まずは、
 ・mixiの日記書く
 ・ブログに書く

これが基本です。

次に露出度を高めるため、会社のホームページや
ブログにバナーを張り、リンクをつけます。

その後、ソーシャルブックマークに追加してみたり
検索サイトに登録したりと、
まずは思いつく限りのことをリストアップして、
1つ1つ実行します。

その後は、ホームページのアクセス状況を知るために、
アクセス解析ツールを組み込みました。

アクセス解析は、ホームページの健康診断のようなもので、
対処した策が有効かどうか調べるためにどうしても必要です。

Google Analysticのほか、
アルチザンというアクセス解析ツールも組み込んでみました。
アルチザンは、アクセス解析情報をメールで送ってくれる
ので、便利なのです。

mixiやブログに記事をアップしたら、
読者の方が、ご自分のブログでも取り上げてくださいました。

こういうときこそ、「ブログの情報拡散力」が
いきてくるのですね。

WEBサクセスは、今まで自分達がホームページやブログを
使って営業してきた経験から出来上がったひとつの形です。

また、ひとつひとつ積み上げて、成果を出していきたいと
思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

WEBサクセス スタートです!

いよいよ、WEBサクセスがスタートします。
「WEBサクセス」は、お客様のインターネットを使ったご商売をサポートする、ホームページ作りのプロフェッショナル集団です。

お客様の成功が、私達の成功
      -この言葉をいつも念頭に置き、私達は仕事をします。

インターネットを使ったビジネスを私達の持っている知識と技術、行動力を駆使して、お客様のビジネスチャンスを拡げ、集客するホームページの構築をお手伝いいたします。

株式会社メディアリュウムと正文舎印刷株式会社との初の共同事業です。

「Etwas Neues」-エトバスノイエス
「新しいことをはじめよう!」
皆さんも私達と「新しいこと」をはじめませんか!

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 他に差をつける!WEBサクセス専務の奮闘記!! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。